若ハゲは男性の場合はほとんどがAGAであります。手始めに対策するなら育毛剤をおすすめします。がっつり対策するならやはりAGAがよろしいかと思います。

若ハゲ対策【原因・効果】おすすめはAGA治療と育毛剤

若はげ全般

脱毛症の種類の話 AGA・若年・女性・円形・瘢痕性・牽引性・先天性

投稿日:

脱毛症といってもたくさんあります。AGA脱毛症は男性型脱毛症で多くの若はげの人の症状はこれにあたります。他にも若年性脱毛症・円形脱毛症・瘢痕性脱毛症・牽引性脱毛症・先天性脱毛症・女性脱毛症などあります。

こちらでは脱毛症の種類を説明します。

男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症は、思春期を経過した男性によくある脱毛症のことを指します。ここ数年で、AGAと呼ばれることになり世間にもその名前は浸透してきています。
AGA男性型脱毛症
AGA(男性型脱毛症)の主な症状は、年をとる度に、頭頂部の髪や額の生え際が細くなってきたり、抜け毛が増えてきたりする等、薄毛が目立つようになります。男性ホルモンの影響や遺伝子等が原因だと考えられているようです。

AGA男性脱毛症の年代は、20~30代の若い世代の若年性脱毛症、40~50代の壮年性脱毛症の2つに分けられていて、合わせて男性型脱毛症(AGA)といいます。

男性脱毛症の原因は、主に男性ホルモンの作用と言われています。男性ホルモンには、テストステロンというホルモン物質が含まれています。体内にある5αリダクターゼ(還元酵素)と化合したら、5αジヒドロテストステロン(5αDHT)というホルモンに変換します。

5αDHTが毛乳頭細胞にある受容体(レセプター)に結合して、非常に強力な発毛抑制作用をしてしまうと言われているようです。

そうなった場合、ヘアサイクルが乱れて毛髪に影響が出てしまい、抜け毛が増えることにより薄毛になってしまうのです。

男性ホルモンだけが、男性脱毛症につながるわけではありません。食生活の乱れや、ストレス、不規則な睡眠時間など、日々の日常生活も脱毛症になる可能性が高くなりますので、注意しましょう。また、洗髪をする際、使用しているシャンプーや、整髪料にも注意が必要です。

 

若年性脱毛症の原因と対策

肉体的にも年齢的にも老化が始まっている世代ではないのですが、ストレス等が原因で、頭頂部の髪や、額の生え際が細くなったり、抜け毛が多くなったりする若年性脱毛症が発症する人が増えています。

ごくまれにあるケースですが、粃こう性脱毛症や脂漏性脱毛症が発症する場合があります。

若年性脱毛症
若年性脱毛症は、主に20代~30代の男性が発症する脱毛症と言われていますが、10代の子供にも若年性脱毛症が発症するケースが増えてきています。

人によって、進行状況は異なりますが、若い世代なので、早い時期に対策をとれば、早期改善する人がいるようですので、早めに対策ととりましょう。

若年性脱毛症は、ホルモンバランスの乱れが原因だと言われています。その為、5αジヒドロテストステロンの抑制が必要とされているのが現状です。

それだけでなく、栄養バランスとストレス、生活習慣の悪化が原因である可能性があります。粃こう性脱毛症や脂漏性脱毛症が併発している人は、毛穴の周辺にある角質や皮脂を除去して、頭皮を清潔にしておきましょう。

原因は人によって様々ですが、冷えを解消して、血流を良くする為に、足湯や半身浴がお勧めです。

脱毛症は主に、ミノキシジルやフィナステリドを使用した対症療法を掲載しているサイトを多く見かけますが、一時的にしか効果がなく、薬剤を使用しつづけると、リスクが伴うのが現状です。ですが、自分の症状に合った対策をとれば、早期回復が期待できます。

 

女性型脱毛症の原因

女性型脱毛症の原因として、ストレス・老化・過度なダイエット・ヘアケア・経口避妊薬(ピル)等があります。年を重ねるごとに、抜け毛や薄毛は、女性・男性どちらも関係ありません。

女性にも男性にもある症状です。薄くなりすぎないように、若い頃から自分の症状に合ったケアをし、対策をとることが大切です。

ストレスが溜まりすぎると、男性型脱毛症や円形脱毛症に似たような症状になることがあります。その為、日頃から溜まっていくストレスを適度に発散するように心がけましょう。

また、日常生活の中でストレスが溜まりやすい環境にいる場合、女性型脱毛症になる可能性があるようですので注意しましょう。

女性型脱毛症の中で、多くなってきているのが、ダイエットにより脱毛症が発症するパターンです。ダイエットをする若い女性が増加するのと同時に、びまん性脱毛症になる女性が増加傾向にありま
す。

ダイエットをすることにより、食事を制限する人がいますが、食べる量を減らしすぎると、体に必要とする栄養素が不足していきます。

その場合、体にとって重要な脳や内蔵に対して優先的に栄養素を与えていくので、毛髪には充分な栄養素が与えられず、抜け毛や薄毛につながることがありますので、ダイエットをする際には注意が必要です。

過度なダイエットを控えれば、脱毛症の症状は改善されていきますが長期的にダイエットをしていた場合改善するのに時間がかかる可能性があります。

経口避妊薬(ピル)は、プロゲステロンという女性ホルモンの1つが使用されている為、毛髪の生成に影響があります。ピルを1度や2度程服用したとしても、いきなり女性脱毛症の症状がでることはないのですが、ある程度一定期間用後に、使用するのをやめた際に一時的に女性脱毛症が発症する場合がありますので注意しましょう。

ヘアケアによる脱毛の場合潔癖症の人や髪に神経質な人、若い女性に多く見受けられます。髪の匂いや清潔さにこだわりすぎる人は、朝と夜に洗髪するパターンがありますが洗髪する際に皮脂を取り除きすぎると頭皮が乾燥してしまいますので、洗髪しすぎるのは控えた方が良いでしょう。

また洗髪する際、化学合成界面活性剤等の成分が含まれている市販のシャンプーを使用すると、頭皮と髪に悪影響を与えてしまいますのでシャンプーを選ぶ際には、注意が必要です。

弱酸性のシャンプー等を使用するようにしましょう。

髪を乾かす際、ドライヤーを使用したり、ブラッシングをやりすぎると、頭皮と髪をいためてしまいますので、ドライヤーを使用しすぎないようにしましょう。また、ブラッシングの回数が多すぎた人は回数を減らしましょう。

ワックスやスプレーのような整髪料も、使用しすぎると脱毛症になる可能性があります。脱毛症でない女性でも、シャンプーをしすぎたり、整髪料を何度も使用すると、頭皮や髪を痛めてしまいますので、日常生活にも気を配りましょう。

 

円形脱毛症の原因と対策

円形脱毛症の原因は、ストレス、自律神経の不調、自己免疫力の過剰な疾患等が考えられています。生活や仕事の環境の変化やトラブルが続くとストレスは急激に蓄積され免疫力が低くなり一気になにかの症状が出たりします。その一つが円形脱毛症になります。
円形脱毛症
円形脱毛症は、年齢に関係なくなることが多く10円玉の大きさのはげから10円はげなどと言われたりします。円形脱毛症は、自覚症状がないパターンが多く、円形の脱毛班が発症して徐々に拡大していく脱毛症を指します。

大きさは、10円玉程の脱毛ですが人によっては体毛やまつげに及ぶ場合もあります。

髪が成長していくのに、何の前触れもなくいきなり抜けるのが、円形脱毛症の特徴です。円形脱毛症が気になる場合、脱毛した周囲の毛を引っ張ってみましょう。軽く引っ張った際に、数本抜けたら円形脱毛症の可能性があります。

また、脱毛している箇所の皮膚が周囲に比べてへこんではいませんか。人によっては、軽い発赤になっている場合があります。

円形脱毛症の原因でに自律神経の乱れがあります。ストレスを受けると、ストレスに対抗する為に、交感神経の働きを活発にさせていきます。体温を上昇や肺や心臓を早く動かせたりして、ストレスと戦うために体が対応していきます。

ストレスが長時間続くと、緊張状態が過度に続いて、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経の乱れが、髪や頭皮に悪影響を与えることにより円形脱毛症になっていきます。髪の毛の強さに重要な毛乳頭と孟母細胞の働きにも影響がでて角化が不可能になり脱毛になるわけです。

ただ救いは円形脱毛症は、特別な対策をとらなくても3ヶ月~半年程で自然治癒されます。円形脱毛症が改善されると、数ヵ月後に柔らかい毛が生えてきた後に硬い毛が生えてくるパターンが多い様です。

また、ストレスが原因の円形脱毛症はストレスが解消されれば自然治癒することが多々あります。

円形脱毛症
円形脱毛症にかかった人の中の約25%の患者は、爪にスジや小さなへこみ等の症状が現れる場合があります。貧血や疲労等の体調不良が原因で、爪に横すじの症状が出やすいようです。

もし、爪のくぼみの症状が進行して、スプーンのような形にまでなった場合、過度の貧血になる場合がありますので注意しましょう。

頭皮の免疫力が低下しないようにする為に、化学合成物質が含まれていない弱酸性のシャンプーを使用する等のヘアケアを怠おすすめします。また、リフレッシュも大事です。

ストレスを溜めないように、頭皮マッサージやアロマオイルを垂らしたお風呂に入ったり、半身浴や足湯などもいいでしょうね。

円形脱毛症に整髪料や育毛剤を使用しても、頭皮を痛めることがあり、治療につながるとは限りません。時間経過が大切です。

ペットの円形脱毛症

少し余談になりますが円形脱毛症は、人間だけが発症するとは限りません。ペットを飼っている家庭が増加しています。大切に育ててきたペットが亡くなったことによって、ペットレス症候群になる程ペットを育てている家庭が多くなっています。そんな中、円形脱毛症になるペットがいます。

飼っているペットは主に、猫や犬がほとんどです。猫と犬の共通点が、換毛といって、季節が変わる度に、古い毛が抜け落ち、新しい毛が生えていく現象を指します。

夏の時期は、通気性のある夏毛、冬の時期は、保湿力のある冬毛で過ごします。この場合、病気ではありませんので心配することは何もありません。

猫は、清潔な体にする為に、自分の体をなめる習性があります。これをグルーミングといって猫だけでなく他の動物も同じ習性をもっている動物がいます。

しかしストレスのある場合、毛を引っ張って抜いてしまいます。そのまま放っておくと、毛がなくなるまでやってしまいます。

グルーミングは、飼い主の目の前でやることはほとんどなく、夜間の時間帯や、どこかに隠れてやることが多いようですので、飼い主が目につくようになった頃には、毛が薄くなっているパターンが多いのが現状です。

猫はストレスが溜まると、嘔吐や下痢、食欲不振になり、体重が減る可能性がありますので、注意が必要です。もし猫が毛を抜いているのを見たらストレスがあると判断してすぐに解消してあげましょう。

 

瘢痕性脱毛症とは

瘢痕性脱毛症は、やけど、外傷、頭皮のおでき、がんの放射線治療等により毛根が破壊されて発症する脱毛症のことを指します。瘢痕は一般的に、外傷ややけど等によって傷痕が厚く硬く盛り上がっている皮膚のことを指します。

頭皮に傷ができると傷を修復する為に、皮膚が瘢痕化されて毛母細胞がなくなり髪が再生されなくなりますので、育毛・発毛が困難な脱毛症の1つです。

瘢痕性脱毛症の原因は、外傷ややけど等の外的刺激を受けた際に瘢痕化していくことから毛母細胞を破壊してしまうことが原因となっています。AGAでは、遺伝やホルモン等の内的要因に対して瘢痕性脱毛症は外的要因というような違いがあります。

また、毛母細胞を破壊されているので、髪を再生できる可能性がなくAGAと同様治療が遅れると脱毛の症状が広がる可能性があるため早めに治療する必要があります。

治療する際、皮膚形成手術が必要な場合があり形成外科で行われます。

瘢痕性脱毛症と同様に、外的要因で発症する脱毛症には次に説明をする牽引性脱毛症があります。小さい瘢痕性脱毛症の場合、外科の手術で切除してから縫合することで目立たなくすることが可能ですが大きい瘢痕性脱毛症の場合は、注意が必要です。

瘢痕性脱毛症は、繰り返しますが治療が遅れると脱毛の範囲が広がってきますので早期治療が重要です。

瘢痕性脱毛症の可能性がある場合は、すぐに皮膚科を受診しましょう。

 

牽引性脱毛症

髪の部分を長時間、過度に引っ張り続けたことにより牽引脱毛症になることがあります。

牽引脱毛症は主に、お団子ヘアやポニーテールのように髪をまとめているヘアスタイルをした女性に多く見受けられますが、男性でも長い髪の毛の人もいますので注意しましょう。
若はげ
髪を長時間束ねると頭皮に負担がかかってきます。また、髪を結ぶと、髪の分け目や生え際の部分の毛が切れやすくなったり細くなったりする場合があり、頭皮が透けて見える状態になることから牽引性脱毛症つながる場合があります。

牽引性脱毛症は、髪を結んでいる全ての人が脱毛症になるとは限りません。幼い頃に長時間髪を結んでいたら、大人になって髪が抜けてきたという人もいます。

牽引性脱毛症の人は、ヘアスタイルを変えるのが改善の近道です。毛根に負担をかけすぎる髪型は、控えましょう。また、牽引性脱毛症は、ヘアスタイルによっては薄毛の予防につながる場合があります。

牽引性脱毛症は、頭皮のサイクルの乱れが原因で発症しているので、改善するには入浴中に頭皮マッサージを行って血流を良くするのが一番です。頭皮の緊張状態を長くするのは逆効果ですので、頭皮マッサージをすることで自然と改善されていきますが、マッサージをしすぎて頭皮に傷をつけないように注意しましょう。

ただし牽引されている期間が長い場合、毛根にかなりダメージを与えている可能性がありますので注意が必要です。

先天性脱毛症

先天性脱毛症は、生まれてからずっと毛根が存在しておらず、毛が生えることのない遺伝性の病気のことを指します。生まれてから髪がとても薄くて生えそろわない等の場合、先天性乏毛症と言われており先天性脱毛症と同様遺伝による病気になります。

その他にも、生まれて間もない赤ん坊で普通の人間と同様に毛が全て生えていても1~2年程経過した後、徐々に毛が抜け落ちていき髪が生えてこない場合があります。

また、脂腺母斑を伴った先天性の皮膚疾患の人は、その部分のみ髪が生えそろわないというパターンが多いようです。

先天性無毛症の原因は、全て遺伝によるものです。前頭無毛になる遺伝の疾患が多数あり、毛の成長発生に必要な遺伝子に異常があり乏毛や無毛につながることがあります。

遺伝性疾患は、脂腺母斑の他にも先天性皮膚形成不全症等があります。

先天性無毛症は遺伝によるものなので、他の一般的な脱毛症とは異なり、発毛・育毛をすることは不可能と言えるでしょう。

また、薬剤による治療法もないのが現状です。全ての毛が脱毛されていない場合は、毛根の部分移植手術を行うことで、全体的な髪のバランスを調整することは可能ですが根本的な対策ではありません。

無毛で頭を悩ませている人は多数いますが、現在はカツラを使用することで対策をとっています。

まとめ

脱毛症は種類がありますが、若はげで悩んでいる人の多くは男性なら男性型脱毛症(AGA)、女性は女性型脱毛症または女性男性型脱毛症(FAGA)です。

円形脱毛症はストレスフルが原因でそれが落ち着けば改善されます。瘢痕性脱毛症の場合は皮膚科に受診がおすすめで、先天性の場合はAGA治療や育毛剤では改善されないのが現状です。

それぞれの脱毛症に踏まえた対策が必要となります。

-若はげ全般

Copyright© 若ハゲ対策【原因・効果】おすすめはAGA治療と育毛剤 , 2017 All Rights Reserved.