若はげ対策【AGA治療と育毛剤】原因から考えておおすすめ

若はげ対策【原因・効果】おすすめはAGA治療と育毛剤

若はげ対策はみなさんどうしていますか?

若はげっていったいなんなんだ!!

男性の若はげはほとんどの場合がAGA(男性型脱毛症)であります。女性の場合もFAGA(女性男性型脱毛症)という名前の同じものがあります。

若はげは時間が大切なのです。早くしないと取り返しのつかない状態になってしまいます。はじめまからがっつりと若はげの対策をしたい人はAGA治療、初めは手軽に自宅で対策したい人は育毛剤の使用をおすすめします。

育毛を促進する薬を海外から手に入れたりしている人も実際にはいます。ただそれは専門家の指示がないまま服用するのは実はかなり服あ用が危険なのです。

副作用の中でもやはり生殖障害つまりED・インポテンツになってしまうかもしれないことが大きいです。
若はげがマシになってもインポになってしまったらイヤですよね!!!

そんな若はげに悩む方には専門家のもとに治療をするAGA治療か副作用の心配のない育毛剤をおすすめします。髪の毛が薄くなり、いずれはげてしまうかもしれないと悩みを抱えている人は少なくないと思います。

若はげの原因

若はげの原因は様々にありますが、その中でも影響が大きいのが食生活です。食事から髪や頭皮に必要な栄養を摂取しているのですが、不規則な食生活をしていると、カルシウム、ミネラル、ビタミン、亜鉛、タンパク質など必要な栄養素をしっかり摂取できなくなります。

不健全な食生活は髪や頭皮への影響が大きいため、日々の食生活や生活習慣に十分気を遣う必要があります。特に、揚げ物や肉類など高脂質の食事がよくありません。脂質の高い食事は頭皮の皮脂腺からの脂の分泌が多くなり、皮脂腺を詰まらせてしまうため頭皮に良くありません。そして、過剰に脂が分泌されることで抜け毛も助長されます。それから、もう一つ若はげの大きな原因の一つがストレスです。

ストレスで脳内が刺激されると、ノルアドレナリンという神経物質の分泌が促進されて神経が過敏になります。そして、毛細血管を収縮させて髪の毛の組織へ流れる血流を減らしてしまうために血行不良を起こします。髪の毛への栄養分は血液によって運ばれているため、血流が悪くなると髪の毛にうまく栄養が運ばれなくなります。そして髪は栄養分を失うと、不健康な髪となり次第に脱毛が進み薄毛になります。

若はげはなぜおこるのか?

自分はまだ若いのにはげてきた、又ははげてしまった。今回はそんな若はげの原因についてご紹介していきたいと思います。

若はげの原因は多種あると考えられていますが大きく分けると6種類の原因になっていると言われています。それではその若はげの6種類の原因をご紹介していきます。

「若はげの6種類の原因」

1「遺伝」

はげには遺伝がよく関係していると言われていますが、はげそのものが遺伝するのではなく遺伝によってはげてしまいやすい体質が伝わるとされています。
また、遺伝によって生活習慣に食生活なども似てくることがはげになってしまう原因の一つだと考えられています。

2「頭皮にかかっている負担」

頭皮に直接的にかかる負担が髪の毛の生えてこなくなってしまう原因の一つとされています。

「紫外線」
強い紫外線が頭皮にあて続けていると髪の毛の成長を妨げてしまう事があります。

「シャンプー」
自身の頭皮に合わない、又は良くない成分が入った物を使っていると頭皮にダメージを受けてしまう事が原因の一つとされています。

「NGな髪のメンテナンス」
日々の頭の洗い方や乾かし方やヘアムースにジェル、ヘアカラー、パーマなどは頭皮にダメージを受けてしまう事が原因の一つとされています。

3「栄養不足」

身体は勿論のこと髪の毛も食事からの栄養で作られています。栄養バランスが不足すれば、髪の毛にもその影響を受けてしまいます。

4「血行不良」

血行不良が起こってしまうと血液から運ばれる栄養が髪の毛まで運ばれないことが原因になります。

5「病気」

円形脱毛症などの病気が原因のものです。

6「出産、ホルモン」

これは女性に限っての物ですが出産後にはホルモンバランスの乱れが原因で髪の毛が薄くなったりします。

以上が若はげがおこる原因と考えられている6つのです。

若はげの辛いところ

はげの中でも特に若くしてはげてしまうのはとても辛いところです。今回はそんな若はげの辛いところをご紹介していきたいと思います。
最も代表的な物が羞恥心だと言います。若ければ若いほどその羞恥心は大きなものとなって行きます。

10代での若はげはとても辛いものです、周囲の友人や毎日の学校への登校の辛さはとうの本人にしか分からないとても辛い悩みになっています。全てにおいてのモチベーションが下がり自信を無くしてしまいます。

人によってはイジメを受けてしまうなど不登校になるケース、またはそれらに様々な要因から受けるストレスによってうつ状態など精神が病んでしまい死にたいと思ってしまう場合もあるのです。

思春期はとてもデリケートな時期です、そんな時期の若はげはとても辛くその青春時代の思い出は一生残ってしまいます。若い周りの同年代の友人などは色々な髪型などお洒落にももっとも気に掛ける時期に若はげの自分は何もできない、ましてや、パーマや髪を染めるなんてこともできません。

若はげの状態でファッションに気を使ってもしょうがないと服装もどうでもよくなってしまう事で友達も離れていってしまい、周囲からの偏見も更に辛くなってしまう悪循環さえ生まれてしまいます。外に出かける際には常に何か帽子をかぶらなければどこにもいけません。

被り物をしていても取れてしまった時の周囲のリアクションの恐怖を常に気にしていなければなりません、また、被り物で頭が蒸れたりしていてもトイレの個室に入らなければとることすらできないのです。

本来は楽しいお出かけも楽しめなくなり外出する機会も徐々に減って行きます。恋愛はもちろん結婚すら考えられなくなってしまいます。

若はげとストレスの関係

様々なストレスを抱える現代のストレス社会で何一つストレスを感じていないという人はとても少ないのではないでしょうか?

ストレスが頭皮や髪の毛に与える影響は現在証明されていないものの若はげとストレスの関係は多くの医師が提唱しているのもたしかです。今回はそんな若はげとストレスの関係をご紹介したいと思います。

若はげとストレスの関係に上げられる原因の一つにはストレスが自律神経との関係にあると考えられているそうです。このストレスからの自律神経の乱れによってさまざまな体内昨日の低下をまねく原因とされていますが頭皮や髪の毛に与える影響もその一つとなっています。

「血行不良」
その原因には自律神経がストレスにとても弱く自律神経が血行をコントロールしていることにあります。自律神経が受けるストレスによって緊張が血管を収縮させてしまいます。すると血行が悪くなり髪の毛まで血液から運ばれる栄養が行きわたらなくなってしまいます。

「睡眠不足」
自律神経が受けるストレスによって睡眠不足になる傾向があります。この睡眠不足が招くのが睡眠時に分泌されるはずの成長ホルモンを低下させてしまう原因になっています。すると健康な髪の毛の成長に影響してしまう原因になってしまいます。

「内臓機能の低下」
自律神経が受けるストレスによって内臓機能の低下してしまうと髪の毛の主成分のタンパク質が減少してしまいます。

「頭皮の環境」
ストレスによってアドレナリンが過激に分泌されることで活性酸素が増加します。すると皮脂が発生し毛穴の詰まりや頭皮の炎症の原因になります。

「まとめ」
以上が若はげとストレスの関係になります。ストレスによってさまざまな角度から頭皮や髪の毛にこれらの影響があるとされています。少しでも参考にしていただければと思います。

若はげと食生活の関係

食生活と若はげにはとても関係があると言われています。今回は若はげと食生活の関係についてご紹介していきたいと思います。

「栄養」
身体はもちろんのこと髪にいたっても人は食事から栄養を摂取しています。ミネラル・ビタミン・カルシウム・タンパク質・など様々な栄養は日々の食事によって摂取されその栄養で体に髪は作られています。ですので、食生活によって頭皮や髪に様々な影響が与えられています。

「油・コレステロール」
タンパク質髪の毛の主の成分となるので必要なのですが揚げ物やコレステロールの多いい高脂質の食事は頭皮や髪に良くありません。高脂質の食事が多くなると血液が固まってしまうことで毛細血管や皮脂線が詰まってしまいます。

すると血液からの栄養が頭皮や髪の毛まで伝わらなくなってしまい、細い髪・短い髪の完全に成長出来ない状態で成長が終わってしまいます。その結果髪が薄くなり栄養が行きわたらなくなってしまい弱った頭皮から髪が抜けてしまうなどの影響を受けてしまいます。

なかでも特に良くないとされるのは高熱で調理された料理の揚げ物から摂取される高脂質です。
焦げやキャラメル色になった高脂質の油は特に血液からの栄養を妨げてしまう原因どとされているのです。

「まとめ」
以上が若はげと食生活の関係です。
日々の食生活を一度見直す参考にしていただければと思います。油が多いい食事は頭皮や髪に良くありませんがタンパク質はとても必要な栄養です。バランスの良い食事を心がけてください。

若ハゲ!てっぺんはげの対策

若くしてのてっぺんはげを避けたいという場合には、まずいくつかの対策を試してみてもらいたいと思います。まずは髪が生えるために必要な栄養を、しっかりと髪に届けることが出来る頭皮にすることです。

具体的にいうと、育毛剤などを利用して、頭皮の血流を改善させていくためのマッサージなどをしっかりと行うことです。血行促進効果がある育毛剤を利用することによって、より頭皮の毛細血管などが開き、血流を改善させてくれますよ。

さらに、毛母細胞がより活発に活動が出来るように、頭皮環境を改善させることも大切ですよね。髪というのは、本来眠っている時間帯に成長するものなんです。つまり、睡眠時間をしっかりとることは重要ですよね。

髪はたんぱく質から出来ていますので、たんぱく質をしっかりと取ることも大切です。髪にとって大事な栄養素の一つにビタミンがありますビタミンB2やB6は細胞代謝活動を促進させますし、ビタミンEは血管の拡張作用があります。ミネラル分として、亜鉛の存在も欠かせません。これらの栄養素を取り入れた食事を取ることが大切ですよね。

髪や頭皮を清潔にすることも大切です。これらを行ってもなかなか改善しない場合には、AGAの可能性もありますので、専門医に相談をしてみてもいいと思います。

更新日:

Copyright© 若はげ対策 , 2017 All Rights Reserved.